TIPS #004

Wordでダミーテキストを書き出す便利な機能

[rd_line type=”rd_line_dashed” color=”#1990aa” margin_top=”4″ margin_bottom=”30″]

書類をレイアウトしている時など、「後でちゃんとした文章を入れるんだけど、今はとりあえず適当な長さのダミーテキストが欲しい」ってことありませんか?

かといって、ダミーテキストダミーテキストダミー……といった文字列を放り込んでおくのも味気ないですし、やはり漢字とかな等が程よく織り交ぜられている方がいいですよね。でも、ダミーの文章をわざわざ考えたり探したりするのも、それはそれで無駄なひと手間というもの。

そんな時、Wordにはダミーテキストを書き出してくれる便利な機能があります。

Wordのファイルを開いたら、任意の場所に「=rand(1)」と半角英数で入力してみてください。すると一瞬にして、1段落のサンプルテキストが書き出されます。

()の中の数字を変更すると、書き出される段落数を変更することが可能です。「=rand(5)」であれば5段落のダミーテキストが書き出される、というわけですね。また、ひとつの段落に含まれる文章の数を変更したい場合は「=rand(5,7)」のようにしてみてください。この例の場合、7文で構成される段落が5つ書き出されます。

もし上記の通りにしてもテキストが書き出されない場合は、Wordの環境設定で「オートコレクトの自動修正」をオンにしてみてくださいね。

それともうひとつ……。面白がって、()の中の数字をむやみに増やす際はご注意を。あまり大きな数を入れると、処理が追いつかなくなっちゃうかもしれませんよ(苦笑)。

[rd_line type=”rd_line_dashed” color=”#1990aa” margin_top=”4″ margin_bottom=”30″]

このシリーズ記事では、皆さんの日々の業務を「チョットだけ効率化させる」TIPSをご紹介しています。要Check!!