小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>
小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

※「小規模事業者持続化補助金」は「持続化給付金」とは別物で、攻めの営業のための広告費に活用できる補助金です。

※「小規模事業者持続化補助金」は「持続化給付金」とは別物で、攻めの営業のための広告費に活用できる補助金です。

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>を活用して
この機に本気で新たな非対面営業をしませんか?

小規模事業者持続化補助金
<低感染リスク型ビジネス枠>
を活用して

この機に本気で
新たな非対面営業をしませんか?

オフラインからオンライン営業へ。

オフラインから
オンライン営業へ。

人と人の対面や密に敏感になった昨今、ホームページで新規営業を行うことは最重要です。しかし、なかなか急には出来ない。と考える方も多いようです。昨今では、今の状況に対応した補助金もありますので、折角ですから活用しながら、この機に本気で新たな非対面営業をしませんか?

shokibo-hojo_online-image2

補助額100万円の「小規模事業者持続化補助金」を活用して
新規顧客の開拓営業を強化しませんか?

補助額100万円
「小規模事業者持続化補助金」
を活用して
新規開拓営業を強化しませんか?

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>とは

小規模事業者持続化補助金
<低感染リスク型ビジネス枠>とは

補助金上限
100万円

補助率
かかった費用の
3/4

1/4
感染防止対策に
活用可能

ということは、134万円をホームページや広告に利用した場合に、
100万円を補助してくれる制度です。

ということは、134万円をホームページや広告に利用した場合に、100万円を補助してくれる制度です。

この補助金の、最大のポイントは?
幅広い非対面営業に使える汎用性です。

例えばこのようなことが対象です

  • 新たな非対面営業ツールの開発
  • ECサイト制作
    (決済付きのホームページ)
  • 集客用ランディングサイト
    (Web版営業ページ)

ほかにも、キャンペーンサイト・FacebookなどのSNS強化、運用
Web広告・Webコンサルティング・Web研修 など、

ほかにも、キャンペーンサイト、FacebookなどのSNS強化・運用、Web広告・Webコンサルティング・Web研修 など、

企画、申請サポートから非対面営業ツールの開発まで、
一貫してWeb担がサポートします

受付枠30社。受付は第2回7/7、第3回9/8まで。
まずは、オンライン無料相談

対面営業から非対面営業への転換を。

対面営業主体から、ビジネスのフィールドを距離制限のないインターネット上で展開。
いままでにない出会いや取引の広がりが待っています。

対面営業から

例えば、こんなビジネスシーンを。

非対面営業へ

このように転換 ‼

電話でアポイント

テレアポを入れる ➤
電話でお客様にアポ入れ。

左から右への矢印
shokibo-hojo_sns-adv

Web広告で新規集客
Facebookなどに広告を出して新規顧客を
ホームページにつなげる

対面でプレゼンテーション

サービスをプレゼンする ➤
お会いして、サービスの特徴や他社との違いを説明する。

左から右への矢印
オンラインでプレゼンテーション

ホームページでプレゼン
ホームページで営業と同じように、サービスの特徴を伝えましょう。

対面での商談

個別商談で契約へ ➤
個別に導入、購入に向けた調整を打合せする。

左から右への矢印
オンラインで商談

ネットを通して個別打合せ
ZOOMなどのオンライン会議システムを使って、個別の要望を解決し契約へ。

対面営業から非対面営業への転換を。

対面営業主体から、ビジネスのフィールドを距離制限のないインターネット上で展開。いままでにない出会いや取引の広がりが待っています。

対面営業から

非対面営業へ

対面営業主体から、ビジネスのフィールドを距離制限のないインターネット上で展開。いままでにない出会いや取引の広がりが待っています。

例えば、ビジネスシーンをこのように転換。

電話でアポイント

テレアポを入れる ➤
電話でお客様にアポ入れ。

shokibo-hojo_sns-adv

Web広告で新規集客
Facebookなどに広告を出して新規顧客をホームページにつなげる

対面でプレゼンテーション

サービスをプレゼンする ➤
お会いして、サービスの特徴や他社との違いを説明する。

オンラインでプレゼンテーション

ホームページでプレゼン
ホームページで営業と同じように、サービスの特徴を伝えましょう。

対面での商談

個別商談で契約へ ➤
個別に導入、購入に向けた調整を打合せする。

オンラインで商談

ネットを通して個別打合せ
ZOOMなどのオンライン会議システムを使って、個別の要望を解決し契約へ。

このような方は是非お問合せ下さい。

イラスト:会社経営者の方

会社経営者

社員数5名以下の会社経営者(宿泊業・製造業は20名以下の方)で、Web強化を図りたい方。

イラスト:個人事業主の方

個人事業主

個人事業主、フリーランスの方で、経営計画書を書いた経験のある方。

イラスト:店舗の経営者の方

店舗等の経営者

社員数5名以下の店舗経営者で、テイクアウトや非対面営業を考えている方。

※このような方が「小規模事業者持続化補助金」の対象者に該当する可能性があります。(詳細はこちらへ

※このような方が「小規模事業者持続化補助金」の対象者に該当する可能性があります。(詳細はこちらへ

申請サポートからホームページ制作運用まで
トータルにサポートします。

申請サポートから
ホームページ制作運用まで
トータルにサポートします。

申請には、各種申請書と経営計画及び補助事業計画が必要になります。また書き方にも気を付けるポイントがあります。弊社では申請の無料サポート(対面は有料)から、ホームページの制作、広告運用など、トータルにサポートを行っています。

本事業の申請は補助金申請システム(Jグランツ)で受け付けています。 Jグランツを利用するためにはGビスIDプライムのアカウントの取得が必要です。

弊社ではサポート提供にあたり、独自の審査をしております。場合によってはサポート提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

トータルサポート

経営計画
補助金申請
サポート

Web・LP
SNSなどの
制作業務

オンライン
会議利用の
お問合せ等

広告出稿
アクセス解析
運用サポート

弊社ではサポート提供にあたり、独自の審査をしております。場合によってはサポート提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

補助金申請には経営計画及び補助事業計画の作成が必要です!

補助金申請には
経営計画及び補助事業計画
作成が必要です!

本補助金で一番の難関が「経営計画及び補助事業計画」です。何をどの程度書けばよいの? そんな「?」からはじめますと、これはなかなかの高いハードルです。 そこで、弊社の過去の経験を生かして、記入の流れをサポートします。併せて、ちょっとだけ採択率を上げるコツをお伝えしています。更に、Web活用に関しては、貴社の状況と今後の展望をお聞きして、最適な活用ツールについてご提案します。弊社内でも限りある人材でやっていますので月20社限定“無料サポート”となります。どうぞお気軽にお声がけください。

3つの無料サポート
3つの無料サポート

企画、申請サポートから非対面営業まで、
一貫してWeb担がサポートします

受付枠30社。受付は第2回7/7、第3回9/8まで。
まずは、オンライン無料相談

動画で紹介

このホームページの内容を動画でも解説しています。非対面営業を成功させる最大のポイントも!

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について、改めて動画で解説いたします。
内容:本補助金の意義・補助内容・本補助金最大のポイント・申請条件・申請方法・申請締切日・振込迄の流れ・当社無料サポートの内容について。
動画時間_13:42

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について、改めて動画で解説いたします。また、非対面営業へ転換した事例として、公共施設への対面営業(BtoB)から、Webで個人宅(BtoC)への販路を広げた事例。そして非対面営業を成功させる最大のポ イントについてもお話ししています。

私たちがサポートの担当をしています。

shokibo-hojo_matsuguchi

翔栄クリエイト ブランディング事業部
非対面営業のプランニング担当

松口 賢士

Web、ブランディングのプロモーションを20年おこなっています。Webは、さまざまな手法や見せ方がありますので、目標、サービス内容に合わせて、一つひとつ組み上げて行く必要があります。まずは、お話をお聞かせください。

shokibo-hojo_nakamura

翔栄クリエイト ブランディング事業部
補助金のサポート担当

中村 礼輝

ファイナンシャルプランナー、AFP一貫してマーケティング業務に従事。この10年間はTV通販事業をベースに他社顧客基盤との連携、また国内高級食材の輸出事業立上等、既存流通に捉われない販路拡大を具現化。農業系コラムの執筆も行う。

まずはお問い合わせ下さい。
ご相談は無料です。

一旦、メールまたはお電話でご状況をお聞きしましてから、当社の担当者と日程を調整のうえで、ZOOMを活用した無料相談を行います。まずは下記フォームよりご連絡ください。
※お手数ですが入力欄は全てご入力をお願い致します。

    貴社名

    お名前

    ふりがな

    電話番号

    メールアドレス

    ご連絡についてメールで返信してほしい電話で折り返してほしい

    お問い合わせ内容詳細

    プライバシーポリシーに同意する

    プライバシーポリシーを確認する

    小規模事業者持続化補助金
    <低感染リスク型ビジネス枠>について。

    小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。

    補助対象者:小規模事業者であること。(常時使用する従業員の数が)
    L 商業・サービス業:5人以下
    L サービス業のうち宿泊業・娯楽業:20人以下
    L 製造業その他:20人以下

    補助金額等
    補助上限:100万円
    補 助 率:3/4
    感染防止対策費については、補助金総額の1/4(最大25万円)を上限に補助対象経費に計上することが可能です(緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者は政策加点の他、補助金額総額の1/2(最大50万円)に上限を引上げ)。
    ※ 緊急事態宣言再発令による特別措置の適用対象者
    緊急事態宣言の再発令によって2021年1月~3月のいずれかの月の売上高が、対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者
    2021年1月8日以降に発生し発注・契約・納品・支払い・使用が行われた経費について遡及適用が可能です。

    公募スケジュール(予定)
    公募要領公表 :2021年 3月31日(水)
    申請受付開始 :2021年 4月16日(金)17:00

    第1回受付締切:2021年 5月12日(水)
    第2回受付締切:2021年 7月 7日(水)
    第3回受付締切:2021年 9月 8日(水)
    第4回受付締切:2021年11月10日(水)
    第5回受付締切:2022年 1月12日(水)
    第6回受付締切:2022年 3月 9日(水)

    申請方法
    申請は、電子申請システム(jGrants)でのみ受け付けます。入力については、申請者自身が、電子申請システム操作マニュアル(※現在、準備中です。)に従って作業してください。入力情報については、必ず、申請者自身がその内容を理解、確認してください。
    JGrantsのホームページは右記URLとなります。https://www.jgrants-portal.go.jp/
    本補助金の申請には、「GビスIDプライムアカウント」の取得が必要です。

    応募方法等の詳細はこちらから
    令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

    L 公式サイト( https://www.jizokuka-post-corona.jp/ )
    L 公募要領https://www.low-risk-jizokuka.jp/doc/【低感染リスク型】3次補正公募要領.pdf?04151

    採択者様の声

    申請書の「計画の内容」について、自社の強みや将来像は思うように文章化できないものです。そこを短時間で原稿に起こせるよう整理して頂けた事が良かったと思います。それを基にしてグラフ等を入れたり、肉付けして申請する事ができました。初めての申請で採択になり、大変感謝しております。
    有限会社トコーモデル様

    持続化補助金というもの自体初めて聞いた補助金だったので、その中身(仕組みとか)を説明してもらえるのはありがたかったです。電話でも悪くなかったかもしれないけれど、オンラインで対面で相談できたのは(時節柄、オンライン流行ではありますが)、どういう人が働いている会社なのかも見えたので、信頼性があがるのだな、と改めて気づかされました。一番は、商工会議所に行った方がいいと言うアドバイスだったのではと思います。自分で申請していたら、そこには思い当らなかったと思うし、他の業者さんがどうしているのか分かりませんが、ここでチェックを受けておいたことが良かったのかな?と推測しています。的確なサポート、ありがとうございました。

    鍼灸スペースあんじゅ様

    この補助金があることは貴社のメールで知りました。丁寧なサポートでなんとか申請までこぎつけることができ心より深く感謝しております。また、お陰さまで採択され弊社のホームページの作成へのご助言をいただき進めていただいているところですが、わからないことだらけでしたので、いろいろご相談しながら進めさせていただいております。今後も情報をいただければ嬉しいと思っております。

    オフィスふたつぎ様

    企画、申請サポートから非対面営業ツールの開発まで、
    一貫してWeb担がサポートします

    受付枠30社。受付は第2回7/7、第3回9/8まで。
    まずは、オンライン無料相談