今、経営陣がWeb知識を持っている企業は驚くほど伸びている。初回体験講義、好評開催中!Web活用を学ぶ、経営陣向け短期研修。

講師のご紹介

Web戦略担当講師

小山 茂樹 Shigeki KOYAMA

株式会社ゴールデザインフォース 代表取締役
経営コンサルタント/Web戦略コンサルタント

1979年、千葉県生まれ。上場経営コンサルティング会社勤務の経験を活かし会社設立、経営コンサルティングとWeb戦略支援に長年従事。情熱と論理の両立を目指し売上やお問合せ改善にこだわるプロジェクトを多数経験、数万円から数億円まで幅広い予算規模に対応。

Message

経営環境がより早く変化し続ける昨今、経営戦略を踏まえたWeb戦略の重要性は一層増しています。「Web担」の講義では机上の空論ではない現場の成功と失敗の事例を、情熱と論理を軸に、皆さんで学びましょう。

小山茂樹

講師インタビュー

Web担講師陣インタビュー企画。記念すべき第一回は、経営コンサルタント・Web戦略コンサルタントとして活躍される小山講師です。

Web担: 小山講師、よろしくお願いします。

小山: よろしくお願いします。

Web担: 早速ですが、小山講師はプロフィール・メッセージの中で「机上の空論ではない現場の事例を学ぼう」と言ってますよね。

小山: そうですね。インターネットや情報流通が急速に進化した今日では、企業にとってWebを活用した戦略というのはもはや不可欠となっています。ところがこの「戦略」というのは、たったひとつの絶対解が存在しないんですね。

また、極端に言えば「昨日までは通用したけれど明日からは通用しない」なんていうこともあり得るんです。だからこそ、単純な「手法」を学ぶのではなく、過去の成功・失敗事例をベースに「これから有効な戦略」を構築していくことが重要なんです。

Web担: なるほど。より実践的なノウハウを身に着ける必要があるということですね。
ところで、小山講師は「情熱と論理を軸に学ぼう」とも語られていますね。

小山: はい。論理はもちろん大事なのですが、結局のところ、人を動かすのは情熱だと思っています。Web戦略の構築は非常にロジカルだからこそ、情熱をもって取り組むことが必要ですよね。

同時に、企業のWebサイトをリニューアルするために既存の情報を整理し、社員の方々であらためて共有するということは、企業内のモチベーションやマインドを高めることにも繋がります。そういう意味でも情熱を忘れずにいたいという思いがあります。

Web担: まさに「情熱をもって論理を制する」といったところでしょうか。
小山講師、本日はありがとうございました。

小山: こちらこそ、ありがとうございました。