「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」の採択後の流れ

「コロナ禍で持続可能なビジネスを生み出すために申請した小規模事業者持続化補助金。」真剣に考えた事業計画が見事採択!

・採択通知が送られてきたものの最終的に補助金が交付されるまでの間に具体的には一体何をどうしたらいいのか?採択者の皆様は完全に理解されているでしょうか?

当ブログでは初めて補助金申請して見事採択された事業者様に「採択後から補助金の受給までの流れ」を一通りご説明することで皆様の不安を払拭していければと思っています。

「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」の採択後の流れ

1.全体の流れ

「初めに申し上げておきますが、小規模事業者持続化補助金は採択されたからといってすぐに補助金額が確定し受給できるわけではありません。」

・先ずは「交付決定通知」の到着を待ってください。これが無事Jグランツ上で確認できたら、ここからが補助事業実施期間の幕開けです。補助事業とは皆様が申請した経営計画書で立案した事業計画のことです。(通常、補助事業実施期間は交付決定通知がされてから約6か月後に設定されることが多いですが具体的には採択者に送付される「補助事業の手引き」をご確認ください。)

・規定の期間内に補助事業が完了したら申請期日までに「補助事業実績報告書」をJグランツを通じて提出します。(証憑類はスキャンデータを添付)

・提出した「補助事業実績報告書」に不備がないことが事務局側で確認されるとJグランツを通じて確定通知が送られてきます。ここで確定するものとは最終的な補助金の交付金額です。その後、事務局指定の書式を使い決定金額をJグランツを通じて請求することで受給の段取りが完了します。

2.予定交付金額は交付決定通知書に記載されている!

採択通知には交付予定金額が記されていません。これはあくまでも申請内容が採択されましたということであり、この段階では補助金の交付予定金額が確定していませんのでご注意ください。およそ1ヶ月以内に「交付決定通知」がJグランツ上で通知されます。ここで初めて交付予定金額が明記されることになり正式に補助事業がスタートできるタイミングとなります。
外部パートナーへの発注は「交付決定通知」が届くまで待った方が無難です。

3.補助事業の実施期間とは?

補助事業の実施期間とは申請した事業計画の実施期間です。よってこの間に事業の完了は元より支払いも全て済ませておく必要があります。そして補助事業実施期間の締切は、先述の「交付決定通知」が届いてから約6ヶ月後あたりに設定されることが多いため、補助事業実施時間は概ね6ヶ月間と思って事前に段取りを組まれることをお勧めします。(詳しくは当補助金の公式ホームページや、採択者に送付される「補助事業の手引き」に詳しい日程が書かれていますのでそちらをご確認ください。)補助事業完了後、「補助事業実績報告書」を提出することになります。(こちらの申請期限も合わせて「補助事業の手引き」等を事前にご確認ください。)

4.計画を変更したい場合はどうしたらいい?

補助金申請してから補助事業開始までは3ヶ月以上かかることはよくあることです。
この間に計画の変更が生じた場合、また会社の移転や代表者の交代など、
様々な変更が生じる場合には必ず変更申請を行ってください。
ただし内容によってはその必要がない場合がありますが、変更内容の如何に係わらず必ず補助金事務局に確認をしてください。
くれぐれもご自身による判断をしないことが大切です。

5. 外注先や購入先は決まっているか?

採択後、「交付決定通知」が届くまでの約1ヵ月間に再度、申請内容に即した物品の購入先や制作物の外注先、広告出稿の依頼先などに対して、内容、スケジュール、納期、支払等の確認を済ませておくことが大切です。

特にホームページ制作などが発生する場合には会社の選定やスケジュールの押さえが非常に重要になります。せっかく採択されたにも関わらずwebエンジニアの確保ができず交付を受けられないなどということがないようにしなければなりません。また、100万円を超える外部への発注については相見積が必要になりますので要注意です。

万が一、採択されたのはいいものの発注先がまだ決まっていない場合、当社のような補助金申請に経験値のあるホームページ制作会社に相談なさることをお勧めします。仮に当社であれば補助事業の実施から補助金の受給までの各種手続きサポートまで一気通貫で付加価値提供することが可能です。

6.補助事業実績報告書の提出の仕方は?

手続きは全てJグランツで行います。報告の際には見積書、要件定義書、契約書(発注書、発注請書等)、納品書、請求書、領収書、支払証明(通帳のコピー等)などの証憑書類が必要になりますが、これらは全てスキャンデータをJグランツにて添付送付することができます。一方、この補助事業実績報告書に関して特に注意しなければならい点があります。

それはクレジットカードなどのポストペイドによる支払です。なぜかというと該当経費のカードの引き落とし日が補助事業実施期間を過ぎてしまうと補助金の交付が受けられなくなるためです。くれぐれもご注意ください。

7.補助金額はいつ決定するのか?

補助事業実績報告書の提出後、事務局において経費内容が適切か、また報告書に不備がないかなどの審査を行い、ここをクリアして初めて補助金の交付が決定します。決定後はJグランツの確定通知連絡により確定金額が通知されます。

8.どうしたら補助金が受給できるのか?

いよいよ最後の工程です。確定金額が通知されたら規定の書類にその金額を記入の上、指定先に対して請求をします。これで補助金受給の手続きが完了します。(これらの作業は全てJグランツ上で行います。)請求後、入金までは約1ヶ月程度です。

以上が採択後から補助金受給までのプロセスと作業内容になります。初めての採択の場合、この煩雑さ故に、折角の補助金獲得機会を辞退されるケースがあるようです。もし採択はされたものの何をどうしたらいいのか分からない場合は、あきらめずに当社、翔栄クリエイトまでご一報ください。ホームページ制作に留まらず各種申請サポートまで貴社の第3メンバーとしてご協力させていただきます。採択者の皆様からのご連絡をお待ちしております。

当社では、申請サポートから納品後まで、一貫してクオリティの高いサポートを提供しております。

くわしくはこちらまで。

100万円の補助金を活用!Webで集客ならこちら

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

最大450万円の補助金を活用してECサイトを構築するならこちら

海外に販路拡大! 補助金で越境EC制作