翻訳に失敗しましたNo.0052|Google検索一強時代は終わるのか?Googleから移行しつつあるものとは?

翻訳に失敗しました翻訳に失敗しました翻訳に失敗しました

こんにちは。
翔栄クリエイトのWebディレクター・篠崎です。

最近、キャッシュレスの話題が多いです。
私は現金派ですが、流石に検討しないと
いけないかもしれません。

と、漠然と考えているとセブンイレブン
が新サービスを発表。7月にスタートする
バーコード決済の仕組み、その名も

「7pay(セブンペイ)」

ネーミングセンスはさておき、
既にスタートしているローソンと、
同じく7月にスタートするファミマ。
他にもたくさんの「○○pay」

もう、どれを選んで良いのやら。

でも、直ぐに淘汰されて、3つぐらいが
残る感じになるでしょうか。
それを待ってからの導入でも良いかも,
と考えてしまう今日この頃です。

それでは今回のトピックスです。

CONTENTS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01.商品検索はAmazonで?崩れるかGoogle一強
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、アメリカのニュース・メディア、
ウォール・ストリート・ジャーナルが
伝えたところによると、

検索広告の出稿先が、GoogleからAmazonに
流れている・・・そんな傾向が出ているそうです。

もちろん、アメリカのWeb広告では、
Googleが圧倒的首位に立っています。

しかし、商品を探す際に、Google検索ではなく、
Amazonで商品検索するユーザーがじわじわ
増えているというのです。

Googleの収益源は広告ですから、
商品検索をAmazonに奪われるのは死活問題。

最近、Googleは、検索結果の見せ方を
どんどん変えています。
例えば、商品を検索すれば、画像付きで
一覧表示がされます。

こうした変化も、ユーザーの動向に
敏感なGoogleの対応かもしれません。

果たして、Google一強が崩れるのか?
今後のGoogleの動きに注目です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02. ブランド創造の参考に?!地域団体商標ガイドブック2019
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特許庁が推進する「地域団体商標制度」。

「大間まぐろ」や「有馬温泉」など、
地域の名前を冠した商品・サービスを登録。
ブランド力向上と模倣品対策の推進を
支援する制度です。

その事例集の最新版が特許庁のホームページで
公開されました。題して、

地域団体商標ガイドブック2019

188ページとなかなか大ボリューム。
地域振興やブランド作りなど、さまざまな
目的に活用できそうです。

もっとも、似たような事例集や小冊子は、
各官公庁で出している気がします。

それぞれ個別にやるのではなく、
全体でコンセプトを決めて実施した方が
もっと大きなシナジーが生まれそうな
気もするのですが。

ともあれ、事例はいろいろと参考に
なるはず。興味をもたれた方は、
ぜひ、検索してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03.なぜWebが成果に繋がらないのか?初回体験講義のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「Webに投資するが、成果に繋がらない」
それはズバリ。
企業の経営陣にWeb知識が足りないから!

このフレーズに、ドキっとした方、
Web担トップの初回講義に参加してみませんか?

経営者がWeb知識を習得するための短期集中研修
「Web担トップ」。
その第1回の講義を無料で体験いただけます。

【Web担トップ・初回体験講義】
今、経営陣がWeb知識を持っている企業は驚くほど伸びている。

・Web活用によって業績をV字回復させた老舗飲料メーカー
・お客様のことを考えた検索ワードで一人勝ちした製造業

などなど、事例を見つつ、改めて、なぜ経営陣に
「Web知識」が必要かを整理します。

Web活用の成否は経営陣にある。
少しでも疑問をお感じなら、まずは初回体験講義へ
ご参加ください。

【体験講義のお申込はこちらから↓】
https://webtan.jp/seminar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
04.それでも止められないソーシャルメディア・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は海外ニュースの話題が多めですが、
こちらもまた、海外ニュースから。
ウォール・ストリート・ジャーナルと
NBCニュースが行った共同世論調査の話題です。

それはソーシャルメディアについてのもので、
中々興味深い結果が出たようです。

結果を簡単にまとめると、

年齢・性別を問わずユーザーの多くは
ソーシャルメディアに否定的。

ソーシャルメディアは

・時間の無駄
・私たちを分裂させる
・ウソや偽情報を広げる

と感じているようです。

一方で、そう感じながらも
70%の人間が、

最低でも1日1回は

ソーシャルメディアを使っている。

これはアメリカの統計ですが、
日本も案外そんな感じかもしれませんね。

ただ、マイナス感情を持ちながら
使い続けることは健全とは言えません。
こういったマイナス感情をどうにかしないと
ソーシャルメディアの先行きは微妙
かもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
05.後書:お花見の経済効果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、私が所属するブランディング事業部で
お花見に行ってきました。
場所は昭和記念公園。
バーベキューをしながらお花見です。

ところで、この日本の季節行事・お花見
についてイギリスのBBCがニュースで
取り上げていました。

昨年は、花見のために訪日した外国人
観光客が約500万人。経済効果が約3000億円。

確かに、ここ数年、花見に行くと
外国人が増えている気がします。

こういう海外には無い、日本的な風習が
実はインバウンドに最も効果的なのかも
しれませんね。

ではまた次回。